カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

個性的なハーブたち

私は仕事上、というかほとんど趣味ですが、毎日いろいろな種類のお茶を飲んでいます。特に新しいブレンドは、試し飲みではなく、なるべく普段通り淹れて飲むようにしています。研究と言っては大袈裟ですが、味、香りだけでなくブレンドした時の見た目やボリューム感など、実際にやってみないと分からないところもたくさんあるからです。素人くさいと思う方もいらっしゃるでしょうが、産地や収穫された年の気候など、結構ばらつきがありますので、私の仕入れたお茶がハーブブレンドの教科書通りいかないこともあるのです。

毎日ハーブに囲まれて生活していると、そのハーブの見た目の印象、香り、味、効能などが、ページをめくるように頭に蓄積されていきます。その中から、トランプのカードのカードを切るように、3,4枚出してブレンドしていきます。ハーブの個性を引き出すのが、ブレンダー(大きく出ましたが、とりあえず私が店長ですから)の仕事であります。

ブレンドして華やかなのは、ローズ系です。バラの花は、見映えがしますし、ブレンドを上品に見せます。マリーゴールドも、ゴージャズですね。黄金色の花びらは、見るものを元気づけてくれる強い力があります。そのくせ、花言葉が『悲しみ』なんて、ロマンチックですね。淹れた色が美しいのは、ハイビスカスです。少しでも入っていると鮮やかなルビー色になります。色で美しいのは、マロウブルーも同様です。鮮やかな青は、お茶と思えないほどです。時間とともに、ゆっくりと色を変えていくのも、なぜかハーブの持つ感受性を感じさせます。香りで個性的なのは、バレリアンでしょうか。臭い(においではなく、くさい)と表現したほうがいいので、ブレンドにはちょっとためらいがあるのですが、薬効が強いので外せないハーブでもあります。なぜか、ネコが大好きなハーブで、爪とぎに振りかけるとニャーといいながら身もだえします。

ウラシロガシ葉ウラジロガシカップ

と書いてきましたが、最後に私がはまってしまった健康茶についてひとこと。

上の写真は、 ウラジロガシ茶です。なぜかはまってしまった不思議なお茶です。味は‥というと、なんというか、沢庵を食べた後に飲みたくなるお茶なんですね。チーズを食べた後にワインを飲みたくなるように、ウラジロガシ茶の後には、いぶりがっこが食べたくなるようなお茶なんです。効能は、いろいろなところで紹介されていますが、おいしい!と書いているところがどこにもないので、あえて私は言います。ウラジロガシ茶は、すっきりしておいしい!

以上が来週の予告です。次回は、健康茶について書きます。

思いつくまま書いていますので、とりとめのない日記になっていますが、どうかまたお付き合いください。

では次回。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100020200&eid=11

ページトップへ