カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

なまはげの夜 -2016年-

明けましておめでとうございます。

ところで、秋田県男鹿半島と言えばナマハゲですよね。『いだが、いだが、泣く子はいねが』で有名な赤鬼青鬼のナマハゲです。観光用のナマハゲと違って、実際はかなり怖いものでした。なぜ、でしたと過去形かというと、私の小学生の頃は、土足で家の中に入ってくるわ、勢い余って障子や襖を破るわ、逃げた子供を追いかけまわすわ、言葉は悪いけどやりたい放題なところがあったんですね。それに1軒1軒にお膳に簡単な料理とお酒が用意されていますから、大騒ぎしながら10軒も回れば、だいたい酔っ払い状態になりますよ。ちびちび飲むわけにいかないので、ナマハゲらしく豪快にちょっとお面を上げてぐいっといくわけですよ。そこで子供たちは、『あれっ、○○君のおとうさんじゃね』と気づいたりするんですが、うかつに口走ると後が怖いので、早く帰ってくれるのを祈って、ごめんなさいと謝り続けているんですね。50年前のナマハゲは、そんな感じでした。

さて、今のナマハゲはというと、比べ物にならないほど洗練されてスマートになりました。なにしろ、中に入っているのが現役高校生だったりしますから。高齢化の波は、当然この過疎の町にもやってきて、ナマハゲのなり手がいなくなりつつあります。そこで、白羽の矢が立ったのが高校生です。何しろ若いので元気もいいし、体力もある。無駄に酒を飲んで、若い女の子を追いかけたりしない。これはこれで、いいことづくめでもありますよね。さて、1週間ほど前になりますが、わがネットショップ(自宅でもあります)にやってきたナマハゲというと。

なまはげ動画2016  
(ナマハゲ君と記念写真)⇒隣は動画(クリックしてYouTubeへ)


夜のしじまの中に人とも動物の声ともつかない奇声が聞こえ、来るぞ来るぞと緊張が絶頂になったとき、来ましたよ、ナマハゲ君が。ところが、玄関先で大暴れです。今は、その家の了解がないと、家の中まで入ってこないそうなんですね。わが家は、母と娘と私の3人。あまり脅かしがいのない家なんですね。娘は、何年ぶりのナマハゲなんで写メを撮りまくりです。すると、ナマハゲ君の1匹が『動画ですか?』と聞いてきました。『いえ、写真です』と、娘が答えると、ピタッと怒鳴るのをやめ、真ん中のスペースを開けてシンメになり、『こちらにどうぞ』と娘を呼び寄せると、記念の写真を撮りました。(左の写真) 次に私が、『動画いきます!』と言うと、『きっかけください』と答え、私が合図をすると、また大暴れです。(右の動画YouTube)どうですか、スマートなナマハゲ君でしょ。なにしろ、現役高校生ですからね。こうして、昨年もナマハゲの夜が終わりました。

今年もよろしくお願いたします。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100020200&eid=64

ページトップへ