カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

ハーブとスパイス

私がこのネットショップを始めたころ、店長日記に『初心者向けキッチンハーブセット』について書いたことがありました。ハーブは、お茶で飲むのはもちろん、当店のおまけでおなじみのハーブバスソルトや化粧品代わりに使ったり、サシェ(香り袋)にしたりと使い道は色々あります。そこで、前回はキッチンハーブは主に料理に使うハーブという意味で書きました。まぁ、スパイスですね。ところが、ハーブとスパイスはどこが違うのかと聞かれると、難しすぎてちょっと私にはわかりません。簡単に言えば、料理に使うハーブがスパイスという解釈で進めたいと思います。


元々日本人の食生活が魚中心だったこともあり、日本のスパイスはワサビや生姜など辛いものという認識があります。また、日本人の大好きなカレーもスパイスの宝庫ですので、なんとなくスパイスは辛い物と思ってしまいます。スーパーの棚にあるスパイスの瓶もSBが多いしね。でも、日常的に食べてるものにも結構スパイスが使われています。例えば、ハンバーグには、ほとんどナツメグが入ってます。ほかにも、多分オールスパイス、ブラックペッパー、クローブなんかが、入っているんでしょうね。家で作るハンバーグにも、これらをポリ袋に入れて、瓶の底で砕いてたねにバサッと入れると、かなり本格的になります。中華には、五香粉(ウーシャンフェン)が、欠かせないですね。チャーハンやスープに一振りすると、中華風の風味が倍増します。作り方は簡単で、山椒、クローブ、シナモン(またはカシア)にスターアニス(八角)、フェンネルオレンジピール(陳皮)などを入れて、すりこ木で粉になるまで混ぜて出来上がりです。これ一つで食卓がちょっと贅沢な気分になります。塩と混ぜて、てんぷらの付け塩にするのもありです。西洋風の付け塩は、以前書いたハーブソルトをご参考に。セージは、ソーセージの語源という説もあるくらい風味づけだけでなく、腐敗防止にも役立っています。カレーライスのご飯を炊くとき、ターメリック(うこん)を入れると鮮やかな黄色になってとてもいいですよ。ターメリックは、カレーの主材料ですが、沢庵の色付けにも使われているし、二日酔いにもいいとされているので、なかなか重宝ですね。女性に大人気のパクチーは、中国では香菜、昔からおかゆの上によくのっていました。種はコリアンダー、これもカレーに欠かせないスパイスですが、ピクルスやマリネを作るとき、つぶさないで入れると、爽やかでスパイシーな香りが出てなかなかいい感じです。こう考えると、ハーブをスパイスとして利用するのも、ありでしょ。ここに紹介したのは、ごくごく一部で、七味トウガラシやカレー粉などのミックススパイスも入れると、生活に欠かせないくらいスパイスのお世話になっているといえるでしょう。


スパイス瓶190  

ところで、使い方ですが当店のハーブを使うときは、気持ち少なめに使ってください。そして味見をして量を増やすのがいいでしょう。次におすすめの保存容器ですが、私が日ごろ使っているスパイスジャーをご紹介します。(上の写真)安いでしょう、ニトリで売っています。こだわりがなければ、このくらいのが手ごろです。はじめは、トマトにはバジルオレガノ、肉にはローズマリー、魚にはフェンネルなどと基本を押さえ、自分の好みでレパートリーを広げていってはいかがでしょう。当店は、10gから販売していますので、容器も含め1000円くらいから、始められます。


思い立ったら吉日、みなさん、ニトリにGOです!(っと、その前に当店にもご注文を)


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100020200&eid=72

ページトップへ