カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

パソコンにまつわる話

最近の若い人は、プライベートではパソコンを使わなくなったそうですね。スマホで、ほとんど事足りてしまうのですね。一昔前から比べると、信じられないくらいの進歩です。私は、20年くらい前ポケットに入れて歩けるくらいのパソコンが欲しくてしょうがなく、HP-200LXというパソコンを手に入れたことがあります。MS-DOSが使えてロータス123(今では知っている人も少ないかも)が内蔵されていました。電池も入れて300g位ですから、当時としては画期的な商品でした。可愛かったなあ、HP-200LX。というわけで、今回は私のパソコンにまつわる話です。興味ない人には申し訳ないのですが、今のうちに書いておきたい私のわがままにお付き合いお願いします。


私が初めてパソコンを購入したのは、約30年前。NECのVM2でした。それから、20台以上買ったパソコンの初めの1台です。当時、出始めていた桐というソフトを使ってみたいからです。桐は、いわゆるデータベースのソフトで基本的には今のアクセスとほとんど同じことができました。2枚のペラペラの5インチフロッピーデスクを差し込み、暗号のような記号を打ち込み、最初は訳の分からない状態から始めました。データベースの概念そのものが分からなかったので、設計どころではなかったのですね。私は仕事そっちのけでパソコンに夢中で取り組み、ダンス教室の会員管理を完成させました。そのデータをアクセスに受け継ぎ、やがて20年後の8000人もの会員の管理データに成長していったのですね。ただ、ハードデスクがあるわけもなく、何しろプリンターも持っていませんから、趣味のようなもんです。しかも、おそらく当時の値段で1台50万円くらいしましたから、趣味にしては高価な投資をしたもんだと思います。



パワーマック パフォーマ


次にびっくりしたのが、マックのパフォーマの登場です。今考えるとずいぶん小さいですが、文字や記号ではなく絵が動くしかもカラーの画面です。クラリスワークスという万能のソフトも付いていました。直感的に素人でも使えるパソコンでしたね。私がいないとき、興味津々のスタッフがマウス(これもビックリでしたが)でイラストを描いて、消し方が分からず困っていることもありました。それくらい初めての人でも使えたんです。それからは、パソコンというとマッキントッシュになっていきました。一番使ったソフトは、DTP(ポスターやフライヤーを作るソフト)のクォークエクスプレスですね。フォトショップで写真を加工し、イラストレーターで地図やロゴを描き、クォークに張り付けていくというのが普通の使い方でした。当時の編集者やデザイナーはほとんど全員といっていいほど使っていましたね。ただ、複雑な作業をするとパソコンの性能が追い付かず、メモリーやハードディスクを増設したり、新機種に変えたりと、お金も時間も手間もかかる面倒なこともいっぱいあったのですが、マック愛ゆえいちいちアップル社につきあっていました。1人では持てないくらい大きいディスプレイと机の下にある大きな筐体のタワー型のパソコン。今はごく普通のウインドーズを使っているのに、あの頃はマック一辺倒だったなあ。やはり、クォークを使える唯一のパソコンだったからかなあ。いや、エクセルだってマックしか使えなく、エクセルを使いたい故マックを購入した人もその当時は大勢いたはず。だから、ウインドーズ95が発売された当時は、マックの真似じゃんとちょっとバカにしていましたね。東芝がダイナブックを販売した時も、ダイナブック?それってアラン・ケイ(スティーブ・ジョブズの初期の仲間です)の考え方じゃん、たかがノートに付けちゃってどうなの?と思ったりしていました。私って影響されやすいでしょ。そうなんです。15年くらい前までは、マック党だったんです。



でも、当時のパソコンは使い勝手が悪かったですね。パソコンをただの道具として考えると、無駄な努力をしたものです。デザイナーの事務所に行って打ち合わせをするといっても、ほとんどが印刷の待ち時間です。今なら、1時間で済みそうなところを徹夜してしまうのも、1枚のカンプを出すのに30分もかかるのですから仕方のないことです。その待ち時間につまらない世間話をするのもまた、楽しいんですね。今のDVD代わりに使っていたEGドライブやMOも最近はほとんど聞くことがありません。でも、機械って手がかかるほど可愛い感じがしませんか。例えば昔の車はよく故障したけど、愛着があるような。



 自宅用マック


子どもが小学生の頃から、家のリビングには一体型のマックが1台あったので、おもちゃ代わりに使っていました。上の子は、飽きもせず毎日タイピングゲームをやっていたら、いつの間にか手元を見ずにタイプを打てるようになりました。その頃からですね、私のマック熱が冷めていったのは。今の子は、むしろタイプというよりスマホのフリックの方が凄いのかもしれません。ラインで、え!あらかじめ返事を書いてあったんじゃないの、というくらいのスピードで返信が来ることがあります。なんでしょうね、むかし、赤の他人とAOLでチャットしているとき、なんでこんなに返事が遅いんだとイライラしていた私がね。


もう私の出番はないですね。

時代遅れの男になってしまいました。

それでは、また。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100020200&eid=73

ページトップへ