カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

不注意のツケは大きい

3月30日…ちょうど半年前の今日です。5年ほど愛用していたパソコンがお亡くなりになりました。死は突然やってくるものです。分かっているのに、なぜいざという時のための準備をしていなかったのだろうという後悔が、未だに渦巻いています。データをクラウドに預けるか、バックアップを定期的にとるか、ごく当たり前のことをさぼっていたんですね。知り合いの業者に見てもらったところ、ハードディスクが壊れていて、データだけを取り出すにしても無菌室のようなところで直せる業者が必要で、しかも結構いい値段するんですね。一番大事なデータは顧客管理で、ノートパソコンと共有していたのを除く1000人近いデータを失ってしまいました。この夏にかけて、もう一度入力し直し、半年かけて元に戻そうと目論み、暇を見てはせっせと入力していましたが、今日で半年たってしまいました。顧客管理は、基本的なリスト、区分や購入履歴だけでなく、お客様と電話やメールのやり取りや、評価コメントの内容まであらゆることが詰まっている大事なものです。いわばショップの肝です。だから、比較的暇な夏の時期に全部入力して、万全の態勢で秋を迎えたかったのですが、まだ半分も終わっていません。もし、何回も同じおまけがついたりしたら、このせいですのであしからずご了承ください。


かつて、私はコンピュータウイルスで大変な目にあったことがあります。もう20年も前のことですが、画面が下の方からテトリスをひっくり返したように、四角いブロックになって落ちていきます。スーと落ちては消えていき、雨が降るように、小さい四角形が虫食いのように落ちていきました。数分で真っ黒になった画面を見て、茫然となったのを覚えています。その頃は、3つのダンス教室の入会者や売り上げをテキストにしてメールで事務所のパソコンに送り、それをコピー&ペーストで会員管理のデータベースを作っていたんですね。ずいぶん原始的な方法ですが、手作りなだけに全部破壊されたのかと冷や汗をかきました。その時のショックがトラウマになり、未だに引きずっているのですね。


最近、音楽はAmazonエコーで聴いていますが、エコーの使い方を調べようとユーチューブを見ていると、ユーチューブに反応してエコーが勝手に答えてしまいます。私がエコーの使い方を知りたいのに、その答えをエコーが答えるという何とも滑稽なことを繰り返しています。機械も便利なのか、面倒くさいのかわかりませんよね。一昔前だったら、雑誌なりマニュアルを見て使い方を覚え、上達して自分なりの使い方をマスターしたものでしたが、今は比較にならないくらい進歩しているのですね。AIが発達したら、データベースを作るという作業自体変わるのかもしれません。頭で考えたら、パッと欲しい画面がすぐに現れたりして。でも、よからぬことを考えてあられもない画面が出たりすると、ちょっと事務所では恥ずかしいことになりますね。


今回は面白くもないことをグダグダ書いていると、お思いの方もいらっしゃるでしょうが、時計の針が12時を回り10月に入ってちょっとイライラしているのですよ。この調子で入力していると顧客管理が完成するのは1年後くらいになりそうです。ちょっとした不注意のツケは大きい、これが教訓です。では。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ